光の帝国・常野物語

著者:恩田陸
出版:集英社
初版:1997.10.
紹介:特殊な能力を持ちながら、ひっそりと生きる「常野」の人々をテーマにつづる短編集。一つ一つの物語が集まって、大きな物語になっている。
・日本の古典を記憶の中に「しまう」。未来が見える。神隠しの山。「裏返す」。ずっと何百年も生き続ける「ツル先生」。戦時中殺された「常野」の人々。忘れられた記憶。都会の「草取り」。崖崩れの予知。
そして、常野で仲間が集うときがきた。
コメント:恩田陸3冊目。はい、すっかりはまってしまいました(笑)
なんていうのかな・・・・この本って未来が明るく見えてくる。
面白いからもう一回読み直そう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。