クロスファイア 上

著者:宮部みゆき
出版:光文社
初版:1998.10.30.
紹介:深夜の廃工場。3人の若者によって、男が水槽に投げ込まれようとしていた。それを目撃したOL・青木淳子は、念をこめて掌から火炎を放ち、瞬時に若者二人を焼殺した。彼女は念力放火能力を隠し持つ超能力者だった!若者たちに連れ去られた恋人の救出を瀕死の被害者に頼まれた淳子は、逃走した残るひとりの行方を探すが・・・・
警視庁放火捜査班の刑事・石津ちか子は、不可解な焼殺の手口から、ある未解決事件との類似に気付く。東京・荒川署の牧原刑事とともに捜査を開始したちか子の前に、新たな火炎焼殺事件が・・・!
コメント:超能力者により「私刑」。怒り、恨み、正義。彼女の行動は正当化されるものなのか?彼女の中の欲求と、正当性とのジレンマに悩みつつも、限りなく激しい殺戮を押さえられなくなる。彼女の人生はどうなるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。