蟻 上・下

著者:ベルナール・ウエルベル
出版:ジャンニ・コミュニケーションズ
初版:1995.03.05.
紹介:「昆虫記」と「80日間世界一周」を生んだ国フランスから、21世紀文学の夜明けを思わせる奇想天外な文学が今上陸した。主人公はアリ。そう、あの蟻である。彼らは都市を建設し、連合を形成し、外敵と戦う。蟻たちをこよなく愛する作家ベルナール・ウエルベルが13年の歳月をかけて書き上げた、想像を絶する不思議の国の冒険物語。(表紙扉から引用)
コメント:蟻の博物誌、いや、意志を持った蟻の物語。まるで見てきたような蟻の世界と、一方まるで無関係そうな人間世界での出来事に、果たしてどこに接点があるのか。
まったく持って奇想天外なのだが、ここまで来ると、続編の「蟻の時代」を読まずに入られない。
・6本のマッチで4つの正三角形を作る方法は、すぐわかったんだけどなぁ・・・・
・蟻や蜘蛛の生殖なんて知らなかったから、これもビックリ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。