エイジ

著者:重松清
出版:朝日新聞社
初版:1999.02.01.
紹介:・エイジ・14才。バスケ部休部中。ホームドラマのような家族と普通の中学生。
・連続通り魔事件が発生した。犯人は同級生だった・・・
・友達、成績、部活、片思い、いじめ、追いつめられた「気」
・ホームドラマを演じる自分・・・ここにひとりの中学生がいる。
コメント:等身大の中学生・・・そんな気がしました。
うまく言えないけど、とても好きな本です。もはやそんなに純粋でもなくうぶでもなく、だけど心に迷いや様々な思いを詰め込んで、どうしたらいいのか自分自身を持て余している。でも、みんなの前では体裁を作りつつ、そんな自分に反発する。
そうやって、この時代(Age)をくぐり抜けていく。
この本を読んで中学生をわかった気になっちゃいけないんだけど、でも・・・共感できちゃうところも多い。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。