ホビットの冒険

著者:J・R・R・トールキン
出版:岩波書店
初版:1965.10.13.
紹介:ビルボと言う名のホビット(小人族)が、のどかに暮らしていたある日、
魔法使いとドワーフ達の頼みで宝物を探す旅に出る。
トロル・ゴブリン・ゴクリ・オオカミたちと戦い、
霧ふり山を越え、闇の森でエルフ達にとらわれ、
宝物を守っている龍の穴にたどり着く。
それからどうやって宝物を手に入れたか・・・・
ホビットの「行きて帰りし物語」お話の最後までお楽しみ。
コメント:人に誘われて渋々出かけた宝探しの旅。ドワーフ達に助けられ、指輪を手に入れてからは、みんなを助け、みんなの力を借りて宝を手に入れる。平和な暮らしを一番に望むホビットの冒険。自分の村に帰り着いたとき、そこで彼を待ち受けていたのは?いやはや楽な暮らしはなかなか手に入らないものです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。