はるかニライ・カナイ

著者:灰谷健次郎
出版:理論社
初版:1997.05.
紹介:いのち輝く海と美しい自然に囲まれ、暮らす島人たちのこころは優しい。
今、沖縄・嘉何渡敷村から送る、長編小説。
コメント:沖縄戦で受けた、人々の今もなお続く戦争の傷跡。
その自然あふれる美しい島で暮らす人々と、本土で、心に傷を持った少女の出会い。
今私が、持っている価値観との違いに気付かされた、感じです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。