詩的私的ジャック

著者:森博嗣
出版:講談社
初版:1997.01.05.
紹介:那古野市内の大学施設で女子大生が立て続けに殺害された。犯行現場はすべて密室。そのうえ、被害者の肌には意味不明の傷跡が残されていた。捜査線上に上がったのはN大工学部助教授、犀川創平が担任する学生だった。彼の作る曲の歌詞と事件が奇妙に類似していたのだ。犯人はなぜ傷跡を残し密室に異様に拘るのか?理系女子大生、西之園萌絵が、論理的試行で謎に迫る。(表紙カバーより引用)
コメント:だめだ~!推理がことごとくはずれた。
ものスゴーク不消化です。犯人もはずれたし、もちろんトリックも動機も・・・
くやしい!
まあ、萌絵ちゃんもわからなかったんだからしょうがないか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。