宇宙のみなしご

著者:森絵都
出版:講談社
初版:1994.11.10.
紹介:陽子とリンの姉弟。留守がちな両親の元で自立した生活を送る。不登校のきっかけはなんだったのだろう?
「屋根にのぼる」それはワクワクするふたりだけの遊びだった。
七瀬とキオスク。友達、いじめ、不登校それぞれ自分の力で越えることの出来ないハードルを越えるためには、時々手をつなぎあえる友達を見つけることが大切なんだね
コメント:読んでいるうちにワクワクしてきました。
なぜって、私も子供の頃屋根にのぼるのが好きな子供だったから・・・
あのころって、なかなか自分の思い通りに行かないことがいっぱいで、でも、これと言ってはっきりとした理由があるわけでもなく、見えない何かにつっぱって生きていたような気もする。
この本は説教臭くなくて、すんなり心に入ってくる本です。小5の娘が学校図書館で借りてきた本です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。