リズム

著者:森絵都
出版:講談社
初版:1991.05.27.
紹介:中学1年、普通の公立中学に通うさゆきは、近所に住むいとこ・悪ガキで、高校にも行かずガソリンスタンドでバイトをしながら、歌を歌っている真ちゃんが大好きだった。
有名私立中に通う姉と、有名大学に通う真ちゃんのお兄さん。
中学で仲良しの女友達と、いじめられっこで幼なじみのテツ。
きのうと同じ明日がやってくる・・・そんな生活に満足していたさゆき。
だけど・・・いつまでも変わらずにいられないこともある。
───まわりのことがきになって
自分がメチャクチャになりそうなとき。
心の中でリズムをとるんだ。
まわりの音なんて関係ない
自分だけのリズムを───。
コメント:中学生の不安で揺れる心がさりげなく描かれた一編です。
娘たちも読みました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。