月の砂漠をさばさばと

著者:北村薫  絵:おーなり由子
出版:新潮社
初版:1999.08.25.
紹介:「さきちゃんのお母さんは、お話を作る人です。」
こうして始まるこの本は、さきとお母さんのほのぼのとしたふたりの世界です。
親子ではあるけど、じつは友達のようなつながり・・・
喜びや悲しみ、新しい発見、そして北村薫の暖かい世界が広がります。
コメント:この中で私が気に入ったのは「聞きまちがい」「連絡帳」ですね。
「聞きまちがい」はいかにも北村薫っぽい(笑)
「連絡帳」は、文句なしに憧れの世界です。
子供とこういう風につきあえたらいいなぁ・・・と思う本でした。
この本は、小5の娘も読んで「クフクフ」笑っていました。不思議な感じがするんだって。
おーなり由子さんの絵もほのぼのとやさしくてステキです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。