沈まぬ太陽(三)御巣鷹山篇

著者:山崎豊子
出版:新潮社
初版:1999.07.30.
紹介:航空機事故最大のジャンボジェット機の墜落。
組合問題で左遷された恩地の姿がその現場にあった。事故の原因の究明と、遺族の怒りと悲しみ。自己をめぐる会社の体質と問題点を浮き彫りにした一冊。
コメント:あの御巣鷹山の事故。私の知らなかったその全貌が、今、白日の下に曝された。遺族のやり場のない憤りが伝わってくる。
山崎豊子さんの「沈まぬ太陽」に関するインタビュー記事もどうぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。