スプートニクの恋人

著者:村上春樹
出版:講談社
初版:1999.04.20.
紹介:ぼくは、「すみれ」が好きだった。でも「すみれ」にとって、僕は「完璧な友達」だったのだ。そんな「すみれ」が恋をした。僕が今までどうやって生きてきたか?「すみれ」の、生き方。そして今僕にできることは・・・
コメント:「ねじまき鳥クロニクル」のように手強かったらどうしようとちょっと心配でしたが、これはちょっといい感じでした。途中ででてくるギリシャの風景などは、エッセイ「遠い太鼓」と重なる部分が伺えました。同じ作家の本を何冊も読むと、いろいろな著作の中で、作者がテーマとしているフレーズや、意識などが見えてきて、面白くなってきますね。
うまく言葉で表現できないのだけど、主人公の「すみれ」への思い、「すみれ」の存在自身もいいし。あと、万引きした生徒への「独白」て言うのかな・・・あの辺が凝縮されていて・・・いいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。