そして二人だけになった

著者:森博嗣
出版:新潮社
初版:1999.06.20.
紹介:巨大な海峡大橋を支える(アンカレイジ)内部に造られた建物に集まった男女6名。海水に囲まれ完全な密室となったこの部屋に残ったのは盲目の天才科学者とアシスタントの二人。この密室でいったい何が起きたのか?そして、二人を待ち受けているのは───。知的罠を張りめぐらせた〈森ミステリィ〉の単行本初登場!(表紙扉より引用)
コメント:途中までは、何となくわかるような気分だったんです。えー?そうだったんだぁ・・・。と納得したのもつかの間。最後はえー!?はぁ・・・・森ミステリィを堪能しました。そう心地よくだまされてしまいました。
やられたぁ・・・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。