スタンド・バイミー

著者:スティーブン・キング
出版:新潮文庫
初版:1987.03.25.
紹介:行方不明だった少年の事故死体が、森の奥にあるとの情報をつかんだ4人の少年たちは、「死体探し」のたびにでた。その苦難と恐怖に満ちた2日間を通して、誰もが経験する少年期の特異な友情、それへの決別の姿を感動的に描く表題作は、成人して作家になった仲間の一人が書くという形を取った著者の半自伝的な作品である。
他に、英国の奇譚クラブの雰囲気をよく写した一編を収録。(裏表紙より引用)
コメント:アメリカの時代背景・少年期の心など、とても魅力的で、どんどん引き込まれてしまいました。あの途中でコインを投げた結果が、その後の人生を暗示していたなんて・・・
けっこう読みやすかったので今度はホラーに挑戦してみようかな?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。