火怨 上・下

著者:高橋克彦
出版:講談社
初版:1999.10.27.
紹介:朝廷から「人にあらず、獣」と扱われる蝦夷。
この理不尽な扱いに立ち向かう若き将「阿弖流夷」。彼のもとに、陸奥各地から力を持つもの達が集まり、蝦夷の心を守るために立ち上がる。戦いに勝ちながらも果てしなく続く戦。蝦夷の民を救う手立てはあるのか?
阿弖流夷と朝廷の軍を率いる坂上田村麻呂との駆け引きもおもしろい。
コメント:歴史的事実には疎いので坂上田村麻呂という人物がどういう人だったのかはわかりません。しかし、戦いの描写、戦士達の個々の様子。そして勝ちつづける戦さの中で求める「蝦夷の民の和平」。阿弖流夷の平和を希求する思いが私の心を深くとらえた。
終盤近くでは、涙が止まらずタオルとティッシュが離せませんでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。