ティンカーベル・メモリー

著者:景山民夫
出版:角川書店
初版:1994.05.30.
紹介:ひかる。記憶のとぎれた時間。自分の過去世からのメッセージ・・・・。
インテリアコーディネーターの仕事にからんででてくるのは赤い糸のはじっこ?
彼女の心に語りかける記憶は・・・?そして現世で出会う相手は今どこにいるのか?ひかるに残された「ティンカーベルメモリー」がふたりを引き寄せる。
コメント:過去世の記憶がふたりを結びつけるというのもロマンチック。だけど、インテリアコーディネーターの世界もちょっと楽しい。こんな素敵な出会いがあったらなんてステキなんだろうと、思わず嫉妬してしまいそう(笑)
一番最後のところの「参考文献」を見たら「魂の伴侶」というのがあった。なるほど・・・もしも私にも失われた前世の記憶が残っていたら・・・。ちょっと恐いような、でもとっても幸せな気分になるお話しでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。