今はもうない

著者:森博嗣
出版:講談社
初版:1998.04.05.
紹介:電話の通じなくなった嵐の別荘地で起きた密室殺人。二つの隣り合わせの密室で、別々に死んでいた双子のごとき美人姉妹。そこでは死者に捧げるがごとく映画が上映され続けていた。そして、2人の手帳の同じ日付には謎の「PP」と言う記号が。名画のごとき情景の中で展開される森ミステリィのアクロバット!(裏表紙より引用)
コメント:ネタバレになるから、詳しくは書けないんだけど、なかなかうまくできてますね。すっかり森さんにだまされてしまいました。
えー!?って言う感じで読み終わってから、もう一度見返してしまいました。でも、森さんぽくっておもしろかったです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。