視覚ミステリーえほん

著者:ウォルター・・イック
出版:あすなろ書房
初版:1999.05.25.
紹介:この本の写真は、様々な模型を作って撮影したものです。模型は、うまく錯覚が起こるように調節しましたが、写真そのものはカメラの前の物体を忠実に再現したものです。あとで手を加えるようなことはしていません。
 この本は“視覚”のゲームです。みなさんはこのゲームで、自分の観察力をみがいてください。人によっては、錯覚が起こりにくいものがあるかも知れません。また、どのようにして錯覚が起こるのか、わからないものもあるかも知れません。おもしろいことに、誰にでも同じように錯覚が起こるわけではありません。人によってちがいがあるのです。なぜそうなのかは、専門家にもまだ完全にはわかっていません。
 ですから、みなさんは、それぞれの感覚で“体験”してくれればいいのです。この本は、知能テストではありません。視覚というミステリーへの遊びにみちた“入り口”なのです。
「この本について」より引用
コメント:エッシャーの不思議な絵をご存知ですか?
入り組んだ階段のある家、たった三段階段を上がっただけなのに二階に上がってしまう建物、水がいつのまにか上に向かって流れる絵など。すごく不思議で迷ってしまうような絵です。
そんな絵の世界を写真にした絵本です。後ろの方にちゃんと種明かしものっているから、思わず納得してしまいます。遊び心のある絵本って、いいですよね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。