ツタンカーメン ファラオの都テーベ

著者:吉村作治
出版:平凡社
初版:1997.07.21.
紹介:1922年11月4日に発見されたツタンカーメン王の墓。
その発見までの様子と、ツタンカーメンが生きた時代を、吉村作治が多くの資料とともに考察する。
コメント:写真の多い本なのでビジュアル的にも分かりやすい。2000年8月のエジプト展にちなんで読んでみたが、歴史の一端をのぞけておもしろい。この時代のエジプトは極彩色だった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。