蛇を踏む

著者:川上弘美
出版:文藝春秋
初版:1996.09.01.
紹介:「蛇を踏む」蛇を踏んでしまったら、蛇がニセの母となって部屋に住みついてしまうという話。
「消える」その家族事によって違う血筋。ある家は家族が存在するののに姿が消え、またある家族はからだがちぢむ。家族・家のもつふしぎな因習・・・そんなことはあり得ないと思いつつ、知らないところには何があるかわからないと言う不安な気持ちを呼び覚ます。
「惜夜記」夜の始まりからの2つのお話。奇数章は生き物にまつわる話。偶数章は、私と少女の再生と老化。そして、夜が明ける。第115回芥川賞受賞作
コメント:日常の不条理を描いているわけではないのだけど、何だろうこれは?作者によればすべて「うそばなし」なんだそうだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。