デルフィニア戦記14「紅の喪章」

著者:茅田砂胡
出版:中央公論社C★NOVELS
初版:1997.11.25.
紹介:フェズ河以北の一帯カムンセンの地がデルフィニア領となって半年、タンガの元領主らがゾラタス王の制止すら振り切り失地回復を叫んで挙兵する。早急に鎮圧せんものと最前線で大剣を揮う戦女神リイ。
だが、戦闘の混乱ついてファロットが暗殺の魔手を伸ばす。リイに向け必殺の矢が放たれたのだ!(裏表紙より引用)
コメント:ラティーナに求婚するナシアス、一方イヴンの方は簡単にはいかない。
パラストからの支配から逃れたいサンセベリアとの同盟。タウの山中を船を担いで通るスケニアの男たち。リイのトラウマ・・・雪の中の血・赤いバラ・・・
タンガとの戦いでまさかの負傷をしたリイ、その陰にレティの姿が。
その時、異界の相棒ルウは、リイの異変に気がついた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。