デルフィニア戦記16「伝説の終焉」

著者:茅田砂胡
出版:中央公論社C★NOVELS
初版:1998.07.25.
紹介:生きて戻れ───リィの言葉に送られてシェらは北を目指す。ついにヴァンツァーそしてファロット一族との死闘が演じられるときがきたのだ!
一方、シェラと別行動中、騎士団員千人の命と交換に捕虜となり意識を無くした戦女神に、レティシアは微笑みながら歩み寄る。研ぎあげた必殺の針を手に───(裏表紙より引用)
コメント:異界からリイを探しにきたルウはコーラル城でウォルと意気投合した。そのリイは、ティレンドン騎士団の命と交換に人質としてボナリス城に幽閉されていた。
一方ヴァンツァーとの戦いに勝ったシェラは、ファロットの館で伯爵を倒した。その場で族長をなったシェラはファロット一族に「死ね」という命令を下したのだった。
リイを救うためにウォルは王座をバルロに渡し、ルウとシェラとともに出かける。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。