デルフィニア戦記17「遙かなる星の流れに・上」

著者:茅田砂胡
出版:中央公論社C★NOVELS
初版:1998.11.25.
紹介:リィを嫡子ナジェックの妻とする!勝利の女神を辱めデルフィニアの戦意を削がんとする、ゾラタスの卑劣な策に、三騎はタンガへの途をひた走る。
王位を捨て、一戦士に戻ったウォル、異世界の相棒ルウ、己の意志で行動するシェラ───
昏々と眠り続けるリィだったが・・・・・・難攻不落のポナリス城に轟音が響くとき、最後の奇跡が始まった。(裏表紙より引用)
コメント:王冠を手にしたバルロを中心にタンガとの戦いが始まる。一方リイを救うために城に忍び込んだルウとシェラの前に現れたのはレティ。レティに倒されたルウは・・・生き返った・・・。
ルウのケガ・リイの反応・指輪・そして城からの脱出・城の破壊!
タンガの王子への報復はリイが、ゾラタス王はルウが・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。