風の交響楽

著者:光原百合
出版:女子パウロ会
初版:1996.03.15.
紹介:読んでいるとちょっと幸せになれる、そしてちょっと悲しい小さなお話が17編。ホラ、かたくなに閉ざされたあなたの心にも小さな灯火がともる。
籐城清治の影絵が、メルヘンの世界によく合っている。
コメント:短編の童話集です。
小さな石の気持ち・何も出来ない魔法使いの話・自分を守るために全身をトゲだらけにしてしまった花木。海を夢見た樫の木・ベットの裏側の国で生きてゆくもの・散らない桜の木・大切な物を入れる袋・よけいな飾り物をサッパリ落としてくれる石鹸・飲むと願いが叶う泉の水、しかしそこには風の声。etc・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。