薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木

著者:江國香織
出版:集英社
初版:2000.04.30.
紹介:陶子・草子・エミ子・道子・れいこ・あや・桜子・えり・まりえ・・9人の女の恋愛事情。恋と愛と結婚と、その後延々と続く日常生活の中で様々な思いが交錯する。主に30代の女たち・・・。
コメント:檸檬の木は、誰のお庭だったの?なんだか読み落としちゃったのかな?
9人の女性がでてくるの。30代の女性の気持ちって、わかるんだけど、何となくすっきりしないって言うか・・・だから、何が言いたいんだ?と言う感じなのよね。私もうおばさんになっちゃったのかしら?
これを読んだ、30代の女性は、すごーく共感するところがあるのかなぁ。誰か解説してー!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。