遠き落日 下

著者:渡辺淳一
出版:角川文庫
初版:1982.09.10.
紹介:フィラディルフィアでの野口英世は、フフキスナー教授の下で悪条件と戦いながらも、徐々に頭角を現わす。人々はこの小柄な東洋人の猛烈な研究態度に驚嘆した。異境での超人的な研究と活躍。そして白人女性メリーとの結婚。世界的な名声に包まれた英世の、日本への凱旋帰国。
その栄光に影がさしはじめた晩年、アフリカへ黄熱病研究のため、英世は飛ぶ。自らの研究の犠牲となって、53歳の生涯を、遠くアクラの地で果てるまでの後半生を描く。
英世の劇的な生涯を、医学と人間性の両面から鋭く照射、その真実の姿を迫真の筆で描破した、吉川英治賞受賞の傑作。(裏表紙より引用)
コメント:野口英世の意外な人間性。はっきり言って、普通じゃないなぁ・・・。
そのあまりにも人間くさい、偉人とはかけ離れた英世の素顔と、黄熱病を初めとした細菌研究への情熱には目を見張る物がある。
時代の流れといってしまえばひとたまりもないが、研究に生涯を費やした野口英世の姿は、結果的には研究成果は得られなかったのだが、「遠き落日」によって、彼が確かに生きてきたというところが伝わってくる。だけど、何とも言えない人生だ・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。