コンセント

著者:田口ランディ
出版:幻冬舎
初版:2000.06.30.
紹介:アパートの一室で衰弱死した兄は、腐乱死体となって発見された。その部屋でコンセントに差し込まれた掃除機、彼はなぜ掃除をやめてしまったのか?
兄の死因。理由。生きることを放棄した緩慢な自殺?生きていると言うこと・・・。私の中で兄とコンセントのつながりが大きくなっていく。コンセントとはいったいなんだろう?
コメント:兄の死・生き方について考えていくうちに突き当たったのは、結局自分自身の存在証明のようだった。
カウンセリング・夢・幻覚・精神分析・シャーマン。
コンセント・・・意外に当たり前な発想だったなぁ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。