夢でなければ

著者:マルク・レヴィ
出版:早川書房
初版:2001.01.31.
紹介:ゴールデンゲート・ブリッジを望むサンフランシスコのアパートに移り住んだ建築家の青年アーサーは、入浴中クロゼットから歌声がするのを聞いた。クロゼットを開けると、そこには若い女性がいた。驚くアーサーにその女性は説明した。彼女の名はローレン。病院の研修医で、この部屋の住人だったが、自動車事故を起こして、自分の「本体」は病院で数ヶ月前から昏睡状態にあるという。つまり、いまここにいるのは、「本体」から抜け出た幽霊だというのだ。たしかにローレンの姿はアーサー以外の誰にも見えず、声も聞こえなかった。やがてローレンの話を信じるようになったアーサーは、彼女を救いたいと考え始める。だが、そんな彼に難問が。ローレンが安楽死させられることになったのだ。アーサーは周到な計画を立てて彼女の「本体」を病院から盗み出すことに成功、子供時代を過ごした田舎の家に隠れることになった。そこで一緒に暮らすうちに、ふたりの間にいつしか愛が芽生えてきた。だが、この奇妙な状態がいつまで続くか保証はなかった。しかも、警察が捜査をす・め、ふたりのもとに迫っていた・・・。(表紙扉より引用)
コメント:これね、そのうち映画になるみたいな気がする。
交通事故で植物状態になってしまった女性の遊離した「幽霊」と恋をしてしまうお話です。これ、なかなか良かったです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。