野生の風

著者:村山由佳
出版:集英社
初版:1995.03.30.
紹介:今をときめく染織家、多岐川飛鳥、野生動物の命を撮り続ける藤代一馬。ベルリンの遭遇から、感動の、慟哭のラストまで。究極の恋愛小説。
アフリカの風が、私を変える!サバンナにくるまれた官能のひととき。
コメント:友達との三角関係が再燃してしまうこと、それを回避するために避けてきたのに・・・出逢ってしまった二人。それは運命なのかな。
なぜ養子なのか・・・。飛鳥が抱える苦悩・・・。
飛鳥が決して手に入れることが出来ないもの・・・。
なんかつらいです。だって、どちらもみんな幸せとは遠いんだもの。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。