17歳だった!

著者:原田宗典
出版:集英社文庫
初版:1996.06.25.
紹介:17歳。楽しくムチャムチャ充実している一方で不満だらけ。自意識過剰で、恥ずかしくって、キュートな愛すべき時代。身悶えしながら書いた恋文で呼び出し川原での早朝デート。不良志願の第一歩、隠れ煙草。下半身の“暴れん坊将軍”に苦しめられ、深夜の自動販売機で決行するエッチ本購入作戦。カッチョ悪い小豆島家で事件の顛末。思い出すたび胸の奥が甘く疼く、ハラダ君の愉快でウツクシイ高校青春期。(裏表紙より引用)
コメント:なんで読んだかって?姫のカレシが17歳だから・・・
だけど、これって、抱腹絶倒でした。電車の中でよんでて思わず、「プププ・・」って笑っちゃう。原田氏とは年代が近いせいか、何だか高校生の頃が懐かしくなっちゃうようなお話だったわ。
というわけで、ちっとも参考にならなかった(笑)
でも、また男子高校生が主人公の話を読みたいなー!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。