模倣犯 上下

著者:宮部みゆき
出版:小学館
初版:2001.04.20.
紹介:大川公園のごみ箱から、若い女性の右腕が見つかった。
犯人の携帯電話からの犯行声明。ボイスチェンジャー。
被害者をあざ笑うかのような、不可解な言動・・・
これが犯人の舞台の幕開けだった。
第一発見者は別の強盗事件で家族を失い心に深い傷をもつ塚田真一。
同じ公園から発見されたバックの持ち主・古河鞠子の祖父・有馬義男。
ノンフィクションのライターをめざす、前畑滋子。それぞれの目から見た事件。
被害者の家族、警察、そして犯人・・・・さまざまな角度から、それぞれの生活にスポットを当て、事件の概要に迫る。
犯行の動機は?目的は?
コメント:上下で2段組、なかなか気軽にさらりと読める本ではなかったけれども、どの部分を取っても、不可欠なのだ。犯人に翻弄される、被害者たちとその家族。周囲の反応に押し潰されていく人びと。表面からは伺いしれない犯人像。
読んでいく中で何が「模倣犯」なのか?と気になっていたが、その意味が分かったとき、こういう結末が用意されていたとは・・・。まさにドラマチック!
分厚い本だけれど、読み応えのある作品でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。