なぜ、人を殺してはいけないのですか?

著者:ヒュー・ブラウン
出版:幻冬舎
初版:2001.02.10.
紹介:1957年、北アイルランド・ベルファスト生まれ。15歳でIRAに対抗する過激テロ組織UVFのメンバーとなる。報復拉致され、両ヒザをを打ち抜かれるが、銀行強盗、爆弾テロ闘争等に参加。60人のメンバーを率いるリーダーとなる。
18歳で密告により逮捕、政治犯として懲役6年の実刑判決。20歳の時刑務所内で神にい目覚め、死を覚悟してテロ組織と決別する。出獄後神学校に入学、宣教師の道を志す。1985年、来日。神戸の教会で宣教活動をはじめる。自らの体験をもとに、不良少年の更生や少年院・刑務所での講演など地道な活動を続け、非暴力と平和の大切さを訴えてきた。
現在、妻と4人の子供をアイルランドに残し、単身赴任中。日本をこよなく愛し、納豆とサッカーが大好き。週に3日は、事務でウェイトトレーニングに汗を流す。(表紙扉より作者紹介を引用)
コメント:「人間は変われる」彼が伝えたかったのは、このことなんじゃないだろうか。
この本は、多くの迷える子羊たちに、今自分の立つ、足元の大地をきちんと踏みしめる事が出来ない人に、救いの手をさしのべている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。