彼女について知ることのすべて

著者:佐藤正午
出版:集英社
初版:1995.07.25.
紹介:その夜わたしは人を殺しに車を走らせていた。
小学校の教師である私は、多分結婚するであろう人がいたが
何故か、別の女に心ひかれてしまう。しかし彼女には・・・・
そして8年後。
コメント:ウーム。コメントはないなぁ。
彼女にどうしようもなく惹かれて、でも彼女には逃げ出すことのできない男がいて
結局、なんにも出来ずに、8年の歳月が過ぎてしまう。
頼まれて教え子をあずかり、学校の先生をしてはいるが、その行動も何とも中途半端だし・・・
何とも、決断力に欠けるその場に流されやすい男の姿に、イライラしちゃうわ。
自分の都合のいいように流されているんだもの・・・おい!しっかりしろ。
まあそれに比べれば彼女はしたたかに生きてるなぁ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。