星から落ちた小さな人(コロボックル物語③)

著者:佐藤さとる
出版:講談社
初版:1985.11.13.(新版)
紹介:「矢じるしの先っぽの国、コロボックル小国」は、人間の世界からいろいろなことを学んで、めまぐるしくかわりはじめていた。
学校をつくり、新聞を発行し、科学も学んだ。ただ、なるべく人間とかかわらないよう、ひっそりとくらしていた。
だが、新型飛行機の試験飛行の日、コロボックルの一人がついに人間にみつかってしまう。コロボックルのことなど何も知らない小学生に・・・・・・。(表紙扉より引用)
コメント:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。