豆つぶほどの小さないぬ(コロボックル物語②)

著者:佐藤さとる
出版:講談社
初版:1985.11.13.(新版)
紹介:小山にすむ小人の一族、コロボックルたちは、むかし豆つぶほどの小さないぬを飼っていた。コロボックルよりももっとすばしこくて、りこうな動物だったという。
ところが、死に絶えたと言われていたそのマメイヌが、今でも生き残っているらしい。
マメイヌさがしに、コロボックルたちの大かつやくが始まった。
「だれも知らない小さな国」の続編。(表紙扉より引用)
コメント:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。