水瓶座の殺人迷路

著者:日向章一郎
出版:集英社
初版:2000.12.10.
紹介:学校の先生とつきあっている友だちのことで相談したい―――高校生作家・連城龍希が頼まれた相談に、なぜかつきあわされることになったノリミと麦倉先生。内容が内容なだけに、ノリミたちの関係に気づいていて、わざと頼んできたのでは・・・?不信に思いながらも協力することにしたふたりは、連城といっしょに相談者の山吹三春にあった。彼女の友だちの「三浦倫子」が妊娠したというのだが・・・!?(表紙扉より引用)
コメント:「星座シリーズ」あいかわらずの二人で、コバルトに感想というのもなんだけど・・・
三浦倫子は架空の人物だった。恋愛はむずかしい、ずっと思い続けてもそれが受け入れられるとは限らない。人の心って、悲しいこともいっぱいだわ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。