遠い背中(おいしいコーヒーの入れ方Ⅵ)

著者:村山由佳
出版:集英社
初版:2002.03.27.
紹介:僕の一人暮らしへの第一歩は、親父を説得することだった────はずだ。
ところが、いざ話を進めてみると、意外なところで反対されるし、
かれんは何か悩みを抱えているようで、気がかりだけが増えてゆく・・・・・・。
でも部屋が見つかれば、ふたりの「場所」ができるのだ。
かれんの兄『風見鶏』のマスターが語る過去のエピソードも同時収録。(表紙扉より引用)
コメント:ようやくショーリがひとりぐらし。この先の展開がどうなるのか
拒食症の星野は?鴨川のおばーちゃんは?気になりますねぇ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。