冷たい誘惑

著者:乃南アサ
出版:文春文庫
初版:2001.04.10.
紹介:「私は拳銃を構える。恐怖に引きつった顔を思い描くだけで、胸のもやもやが晴れていく」─────。
久しぶりの同窓会で、歌舞伎町に流れ、家出少女から受け取ったつつみの中身はなんと拳銃。何故か主婦は警察に届けない。日常に倦んだ市井の人々を狂気に変えていくコルトの魔力。巧みな構成で魅了する連作短編集。
*「母の秘密」*「野良猫」*「なかないで」*「塵箒」*「置きみやげ」(裏表紙より引用)
コメント:手のひらにはいるほどの小さな護身用のコルト。そのずっしりとした重みと冷ややかさが、伝えるものは・・・・。
その危険性と、魔力のような安心感。決して手にはいることのないはずのものが手に入ったら、私だったら・・・どうするだろう?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。