宙都〈第一之書〉美しき民の伝説

著者:柴田よしき
出版:徳間書店
初版:2001.07.31.
紹介:京都を襲った直下型の大地震を発端とする大災厄は日本を真っ二つに裂き、列島移動は200万人以上の死者をもたらした。今や日本は、海洋地質学では説明の付かないプレート移動に乗って、ミクロネシア海域にあった。地質調査技師の木梨香流は危機管理委員会の支配する京都で夜毎、妖怪と戦っていた。ハワイ島の海岸で救出された藤島美枝と阿川真知は、一緒に海底研究所から逃れた暮間清治の行方を探していた。ゲッコー族の珠星と蒼星は、天狗の三善と共に、とてつもなく邪悪な存在の出現に備え、海へ向かった・・・・・。
コメント:前三部作から久々の登場です。今までの話を思い出しつつ、これからどんな展開になるのか楽しみです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。