ロンリー ハート

著者:久間十義
出版:幻冬舎
初版:2001.12.10.
紹介:拉致、レイプ、中国人黒社会の対立。多発する様々な犯罪と捜査に追われる刑事。その陰で置き去りにされる家庭・・・よもや、娘が事件に巻き込まれるとは。
コメント:娘の帰りが遅いときには読んではいけない。不安が倍増してくるから・・・
犯罪とは無縁と思う日常が、実は薄氷を踏むような危険性と隣り合わせ。いつどこで遭遇するかわからない。
親が求める子どもと、子どもが求める親の、お互いの心がすれ違っている・・・ロンリーハート。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。