ラスト レース

著者:柴田よしき
出版:実業之友社
初版:1998.11.25.
紹介:1986年・バブル全盛期。
こわれた社内恋愛、嫌がらせ、突然部屋に乱入した見知らぬ男たち、似たような状況で殺された女・・・私に不幸を陥れたガーネットの指輪を取りまく人間関係の謎?
競馬・・・走る馬の姿に魅了された男と、その4歳馬のラストレースに夢と未来をかけてみる。
コメント:ああ・・・一時はこんなバブル景気の時もあったなぁと、懐かしく思い出すような時代設定。人々は欲望のために策略をめぐらし、その罠にはまっていく。
打算と計算と見栄の中で、時代に取り残されていく感じが良く分かる。人生、幸せなことばかりじゃない。だからといって、不幸せなことばかりでもないのかも。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。