イミテーション・ゴールド

著者:林真理子
出版:角川文庫
初版:1992.03.25.
紹介:ブティック勤めの福美は、プロのレーサーを目指す恋人邦彦のためになんとしても1000万円を工面したい。
 トラの子の70万円を株投資、高級化粧品のネズミ講販売等々とその手段はエスカレートし、ついに若い自分の「体」をも商品にしてしまう。
 ふたりの大きな「夢」をかけて思いつめた献身が、ふたりの愛と信頼を崩してゆくのだった───。
 若さ、金、権力がちょっとした仕掛けで簡単に手を結ぶ「現代」の様相と仕組みを映し出した、出色の恋愛長編小説。(表紙扉より引用)
コメント:一生懸命なのに、なんだか安易だなぁ・・・読んでいてちょっとため息です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。