王妃の館(下)

著者:浅田次郎
出版:集英社
初版:2001.07.30.
紹介:「光」と「影」2つのツアー客は決して遭遇してはいけないはずだった・・・しかし同じ部屋を共有すること自体に無理があった・・・
ホテル「王妃の館」と17世紀のルイ14世が生きたその「王妃の館」。ひとつの舞台で2つのストーリーが展開する。ツアーの行方は?
コメント:様々な人生を背負ってきたツアー客。見た目に幸せそうに見えても、実状は分からない。同じツアーに乗り合わせた、縁で不思議な人間関係がつながっていく。
「お涙ちょうだい」ではないけど、なんとなく幸せな気分になれる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。