捩れ屋敷の利鈍

著者:森博嗣
出版:講談社
初版:2002.01.10.
紹介:秘宝“エンジェル・マヌーバ”が眠る“メビウスの帯”構造の捩れ屋敷。密室状態の建物の内部で死体が発見され、秘宝も消えてしまった。さらに、完璧な密室に第二の死体が!招待客は保呂草潤平、そして西之園萌絵。探偵は前代未聞の手法によって犯人を言い当てる。(裏表紙より引用)
コメント:保呂草と西之園萌絵との対決!?メビウスのトリックに騙されまいと、真剣に読んでいたのだが・・・あらら・・それよりも、ログハウスのトリックには驚き!
とびとびに読んでしまったが、ますます黒猫の三角が楽しみになってきた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。