蛇にピアス

著者:金原ひとみ
出版:集英社
初版:2004.01.10.
紹介:舌の先を2つにわける・・・スプリットタン。麒麟の入れ墨。
自分の体を改造する事によって、この世の中で生きていこうとする、生きにくい少女。
コメント:私が今この時代に、同じ年代だったとしたら、この少女に感情移入をすることが出来ただろうか?それほどに、生きにくい時代だろうか?同年代の子を持つ親としても、今こうして、生きてゆくことにもがいている子どもたちが、いるという現実を思い浮かべても、ちょっとなぁ・・・。世間を今を知らない、お気楽な大人なんだろうか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。