四季 夏

著者:森博嗣
出版:講談社
初版:2003.11.05.
紹介:米国から帰国した真賀田四季は13歳。すでに、人類のなかで最も神に近い、真の天才として世に知られていた。叔父、新藤清二と行った閉園間近の遊園地で、四季は何者かに誘拐される。瀬在丸紅子との再開。妃真加島の研究所で何が起こったのか?「すべてがFになる」で触れられなかった真相が今、明らかになる!(裏表紙より引用)
コメント:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。