六人の超音波科学者

著者:森博嗣
出版:講談社
初版:2001.09.05.
紹介:六人の科学者が集う土井超音波研究所。そこに通じる唯一の橋が爆破され、山中深くに築かれた研究所は陸の孤島となった。
仮面の博士が主催する、所内でのパーティの最中に死体が発見される。招待されていた瀬在丸紅子たちは真相の究明に乗り出すが・・・。
森ミステリィの怜悧な論理が冴えるVシリーズ第7弾。
コメント:今回は、まあなるほどと納得。ある程度の予測は付いたけど、例によって張られた、いくつもの伏線には、全く感心させられる。
だから、また次を読みたくなっちゃうのね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。