誰か

著者:宮部みゆき
出版:実業之日本社
初版:2003.11.25.
紹介:自転車に撥ねられ死んでしまった運転手の梶田氏。なかなかみつからない犯人を捜すために、娘が父のことを本にするという。
積極的に関わる妹と何故か過去を知らせたくない姉。梶田氏の過去に何があったのか?姉娘の記憶にある怖い記憶の真相は?
コメント:読んでいくうちに、「ああ・・・宮部みゆきだ!」長編とは言えない作品なので、そう深く入り組んだ話にはなっていない。かなりストレートだ。
年の離れた姉妹が何とも痛ましい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。