本当はこわいフツウの人たち

著者:香山リカ
出版:朝日新聞社
初版:2002.01.01.
紹介:自分の野心と名誉のためには友だちも簡単に裏切る起業家、十分、健康なのに大量のサプリメントや漢方薬を手放そうとしないテレビマン、占い師の言うとおりに事業を拡大したり縮小したりしている社長、公園に集まるママのグループ内の交際に全エネルギーを注ぐ若い母親・・・。
いったいこの人たちはどうなっているのだ。(あとがきより抜粋)
コメント:どこかにありそうな話でもあり、それゆえに、かなり不気味な話だ。自分は大丈夫、普通だ、正常だと感じて疑わない人でも、見方を変えれば、そこに現れるものはまったく形を変える。私は・・・どうなんだろう?大丈夫かな?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。