若者の法則

著者:香山リカ
出版:岩波新書
初版:2002.04.19.
紹介:「何で電車の中でお化粧したり、ものを食べたりするんだ?」「あいさつは「どうも」しか知らないのか」「怖くて声がかけられない」・・・
いまどきの若者の、一見理解不能・非常識とも思える行動の奥には、彼らなりの論理に基づく真剣なお思いや悩みが隠されている。
精神科医・香山リカがその「法則」を読みとき、つき合い方を指南する。(表紙扉より引用)
コメント:私はここで出てくる「今時の若者」の親である。なのでよくわかるか?というとそうでもない。一般論ならそうなのかなぁ?という感じだ。
わが子を見ていても、それらしい部分もあり、でも大部分は当てはまらない。実はそういう自分自身が大人になりきれてない親なのかもしれないと、ちょっと不安になったりする。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。